使用する前に

肌のポイント

肌を美しく保つために使用するのが化粧品です。
化粧品にはドラッグストアで買えるものや、百貨店で買えるブランドもの、通販限定の通販コスメなどがあります。
クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、美容クリームという順番がスキンケアの基本的な流れです。
それぞれのアイテムに肌をケアする独自の役割があります。
クレンジングは洗浄力が強くやりすぎると肌にマイナスになるので、ノーメイクの日は使わないことが基本です。
洗顔もやりすぎると乾燥肌になります。
朝は蒸しタオルだけにして夜だけ洗顔するのがベストです。
美容液はある程度年齢を重ねてから使うものです。
20歳をピークに失われていくヒアルロン酸などの保湿成分を補うことができます。

最近は美容に関心が高い人が多いため、各メーカーや通販などで沢山のスキンケアアイテムが手に入ります。
男性向けの化粧品も多くなっていて、女性顔負けの数の化粧品を揃えている男性もいるほどです。
ピンポイントで使う美容アイテムもあります。
メラニンの生成を抑える効果がある「美白クリーム」は、シミが気になる部分だけにピンポイントで使うアイテムです。
ピンポイントの美白クリームを使う時は、色白になりたいからといって顔全体に塗るのはNGです。
顔全体に塗ると逆にシミが目立ってくることがあります。
就寝しながらスキンケアができる「ナイトクリーム」もあります。
化粧水や美容液で肌を整えたあとに塗って寝るだけで、翌朝肌がすべすべになります。